話題のニュースをあなたにお届けします

AOZのガンダムインレのストーリーのまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
naoyki
naoyki
芸能ニュースからテレビネタ、人間関係に関する悩みなど様々な情報を発信するブログです! 楽しんでいってくださいね!

どうも!ニューマガことNews MagazineのNaoykiです。

みなさん、機動戦士Zガンダムの外伝作品であるadbance of Z(AOZ)の作品である

「ガンダムインレー黒うさぎのみた夢ー」をご存知でしょうか?

この作品は AOZの最新作で電撃ホビーマガジンで不定期ですが連載されています。

ガンダムインレ の世界は宇宙世紀になります。

時系列でいうとZガンダムとZZガンダムの間に該当します。

そこで、今回はガンダムインレ のストーリーや登場人物、登場するMSについて紹介していきたいと思います。




AOZのガンダムインレ のストーリーとは?

ガンダムインレ のストーリーを宇宙世紀シリーズの作品との関連を交えつつ紹介していこうと思います。

まずは、遡ること宇宙世紀0079…。

1年戦争」と呼ばれるジオン公国と地球連邦政府との戦争が起きた時期で「機動戦士ガンダム」の時代です。

主人公であるアムロ・レイと白い悪魔と称された「ガンダム」、アムロの永遠のライバル「シャア」が出てくる時代です。

この1年戦争ですが最終的にはジオン公国は敗戦します。

ジオン公国の敗戦後、一部の残党兵は地球圏内で、または各コロニーにおいて反地球連邦活動を行なっていました。

キシリア・ザビ一派の残党兵は火星へ落ち延びます。


キシリアといえば、1年戦争の最終局面でシャアにバズーカで頭を吹き飛ばされたのが印象的でしたね。

あと、実の兄であるギレンを殺した場面も有名です。

火星はサイドAと呼ばれていました。

火星についたキシリア残党兵は「ジオンマーズ」と名乗り、火星の実行支配を始めます。

その後、ユギーユ・デラーズが率いるジオン残党勢力、デラーズ・フリートが地球連邦政府に反旗を翻します。

のちに「デラーズ紛争」と呼ばれる戦争です。


機動戦士ガンダム0083-STAR DUST MEMORYの話ですね。

コウ・ウラキとアナベル・ガトー、GPシリーズが有名です。

デラーズ紛争は地球連邦によって鎮圧されます。この紛争以降、地球連邦は反地球連邦政府活動を行う団体に対して取り締まりを強化するため地球至上主義者を中心に「ティターンズ」が結成されます。


ティターンズの発足以降、デラーズ紛争の残党部隊のなかのギレン・ザビ一派はジオンマーズが実効支配していた火星に落ち延びます。


ギレン・ザビ一派の残党部隊は「レジオン」と名乗りジオンマーズに対してゲリラ活動を始めます。

レジオンがジオンマーズと争うことになった理由は、キシリアとギレンの間で行われたジオン公国における勢力争いが原因になります。

「レジオン」が「ジオンマーズ」に対してゲリラ活動を行なっているときに地球ではティターンズに対して同じ地球連邦政府の中から反ティターンズ組織「エゥーゴ」が発足。

ティターンズとエゥーゴの間で戦争が勃発します。

これが機動戦士Zガンダムの話になります。


ガンダムインレを含むAOZ作品はこのZガンダムから派生しています。

このグリプス戦役の始まる少し前よりティターンズ内では、次期主力兵器開発計画「TR計画」が始まります。

このTR計画において、様々なMSが開発されていきます。

AOZに出てくるMSについては

こちらの記事にまとめてありますのでご覧ください。

ティターンズとエゥーゴの間で繰り広げられたグリプス戦役は、最終的にティターンズの敗北で終わります。

テレビシリーズではそのまま機動戦士ZZガンダムへと続きます。

グリプス戦役で敗北したティターンズの残党はTR計画で開発されたMSのデータとともに火星へ落ち延びます。

火星ではキシリア一派の残党勢力であるジオンマーズとギレン一派の残党勢力であるレジオンとの間で抗争が繰り広げられていました。

戦力としてはジオンマーズが優勢でした。

しかし

火星に落ち延びたティターンズ残党は、レジオンに組み込まれ、TR計画のデータにあるMSの開発が秘密裏に行われます。

レジオンが秘密裏にTR計画のMSの開発を行なっている中、地球圏では地球連邦政府のエゥーゴどハマーン・カーン率いるネオジオンとの間で第一次ネオ・ジオン抗争が勃発します。

これが機動戦士ZZガンダムの話になります。


火星のジオンマーズとネオ・ジオンは協定を結んでいて、ジオンマーズはネオ・ジオンに戦力を派遣します。

しかし、ジオンマーズが地球圏に着く頃、第一次ネオ・ジオン抗争は終息に近づいていました。

そのため、ジオンマーズの派遣部隊は火星へ戻ることに…。

一方、火星ではジオンマーズの一部がネオ・ジオンへ派遣されている隙を見て、ティターンズから押収したTR計画のMS

を戦力にレジオンは反旗を翻します。

これが「レジオン建国戦争」と呼ばれます。

TR計画で開発されたMSは最新鋭の機体であったため、旧式のジオンマースの機体を圧倒し、ジオンマーズを壊滅させます

そして、火星の覇権を手中に収めます。

レジオンが火星の覇権を収める間近まで、ジオンマーズは国民に圧政を強いていました。

火星に住んでいる人の多くは貧困層、犯罪者、政治犯などが多く治安も決してよくない状態でした。

そんな状態での圧政だったので、国民の多くはジオンマーズに対して反感を覚えていました。

そのため、レジオンが覇権を収めた時、国民の多くがレジオンを快く受け入れました。

レジオンに政権交代した後は、レジオンの首魁であるアリシア・ザビを元に国内が整備され始めます。

その後、60年に渡り、レジオンによる政権が維持されることになります。

UC150年代に再度、火星では新たな戦火が生まれることになります。

レジオンによって、抑圧されていたティターンズの残党とジオンマーズが手を組み、反旗を企て始めることに…。

以上がガンダムインレのストーリーになります。

まとめ

ガンダムインレ のストーリを紹介させていたただきました。

ストーリーをまとめると

「火星におけるジオン残党兵の勢力争い」になります。

要点としては

・1年戦争後にキシリア残党一派が火星に落ち延び火星を支配(ジオンマーズの発足)

・デラーズ紛争後、ギレン残党一派が火星に流れ込む(レジオンの発足)、ジオンマーズにゲリラ行動を始める

・グリプス戦役後、ティターンズの残党一派が火星に落ち延び、レジオンに吸収される。

・ティターンズ一派が持っていたTR計画のMSを開発し、レジオンがジオンマーズに反旗を翻す(レジオン建国戦争)

・レジオンが勝利し、火星の政権を手中に収める。

・その60年後にジオンマーズとティターンズ残党兵がレジオンに叛旗を起こす。

になります。

ガンダムインレ ー黒いうさぎは電撃ホビーにて連載中です。

気になる方は読んでみてくださいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
naoyki
naoyki
芸能ニュースからテレビネタ、人間関係に関する悩みなど様々な情報を発信するブログです! 楽しんでいってくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 〜News Magazine〜 , 2019 All Rights Reserved.